うつ症状の方へ

うつ病

うつ病症状の患者様を経験豊富なスタッフが、安全に病院へ移送致します。

うつ病の治療

休養・環境調整
薬物治療
精神療法
認知行動療法
対人関係療法

その他の治療

運動療法
高照度光療法
修正型電気けいれん両方(m-ECT)
経頭蓋磁気刺激法(TMS)

精神疾患

うつ病はその症状のあらわれ方で、大きく2つに分類されています。 抑うつ状態だけが起こるタイプの「うつ病(大うつ病性障害)」と、抑うつ状態と躁(そう)状態の両方が起こる「双極性障害」です。

うつ病とご自分で思ったら相談できる人に会いましょう

うつ」の方と出会うと、身体が重そうでベッドから出られないように見受けられます。
しかし心のどこかで怒りなど感情があり、その「闇の力」が家族へ向かう場合を見ております。
いままで身体が動かなかったのに。。。怒りのパワーは凄いです。
そして怒りが過ぎると電池が切れたように身体が動かない。
「無理をする必要は無いと思います」
休みたければ休んだ方が良いと思います。
ですが休むのを休んで、一回相談できる所で相談してみましょう。
自分一人でどうにかしようとすると堂々巡りになるのは、健常者の方でもよくあります。
動くためには休養と食事が必要です
休養が取れたなら、食事を取りましょう。少しずつで構いません。
脳の中の神経伝達物質がうまく働かないから動けないかもしれません。栄養を摂りましょう。
水分を摂っただけでも気分が変わり、身体を動かすキッカケになります。
キッカケができれば行きましょう。相談できる所へ。
私たちが安全・安心で移動のお手伝いをさせて頂きます。

  • うつ症状の方へ

    うつ症状の方へ

    うつ病はその症状のあらわれ方で、大きく2つに分類されています。

  • 精神疾患移送事例

    精神疾患移送事例

    症状別に、⺠間救急とうねりケアサービスで行った実際の移送事例をご紹介いたします。

  • 救急病院対応

    救急病院対応

    救急車で病院へ入って帰れる状態になった。または、転院したい病院がある。そのような時お呼びください!

  • 夜間搬送

    夜間搬送

    夜間に突然、救急車で病院へ行かなければいけなくなり、その後、帰らなくてはいけない時があります。